お知らせ

女将たちの大きな覚悟

2018.05.27

Category:ブログ

こんにちは!Crystalのおうちアシスタントあやーこです。

 

皆様にCrystalのことを知って頂くため、
いろいろな視点からCrystalのご紹介をさせて頂いております!

 

5月ももう終わりに近づいていますね。

 

先日のラジオの放送でも言っていましたが、
もう今年も1年の半分まで来たと思うとびっくりしませんか?

 

つい先日今年も1年始まったなあと思っていたら、もう半分だなんて。

 

あっという間に1年過ぎてしまうので、
しっかり過ごしていきたいです(希望)。

 

さて、4月からの新クールも2ヶ月が過ぎ、
来月から3ヶ月目に入ります。
新人コンシェルジュさんとして、ドキドキしていた方も、
いろんなチャレンジをして楽しんでいたり、
仲間との絆を深めてきたり、
スタジオ内もさらに和気あいあいとなってきました。

 

先日おうちアシスタントがおうちを飛び出して
スタジオに遊びに行ったときも、本当に和気あいあい!でしたよ!

 

今でこそ、Crystalのコンシェルジュというシステムが、
(メディアのプロではない人がラジオに出ること、)
受け入れられていますが、
この試みを始めたころは反対されたり、理解されなかったり、
大変な苦労があったそうです。

 

考えてみればそうですよね。
メディアのプロでない人がラジオに出るということは、
リスクが伴うということです。

 

放送事故が起きてしまうかもれしないし、
放送禁止用語が出てしまうかもしれないし、
番組としてまとまらないかもしれないし。

 

私も初めてラジオに出た時は、
自分でも放送事故にならないかとても心配したくらいです。

 

それでも大女将は周りの人に、
「放送事故にならないように、私がちゃん見てますから大丈夫です」
「もしそうなったら、私が責任を取りますから大丈夫です」
と言い続け、実際にこつこつ言葉通りにしてきて、
今ではちゃんと認められてやっています。

 

日頃大女将は、プロデューサーという立場ですが、
しっかりと一人一人を見て声をかけて下さったり、
時にはワークショップを開いて指導して下さったり、
そういった姿勢からも前述の言葉を証明しているように思います。

 

そういえば、自由が丘でのカルチャースクール時代の話を
思い出したのですが、
大女将はカルチャースクール運営者として、
一人一人の先生の講座の内容を全部理解して把握しておきたいから、
全部習ったんだと言っていました。

 

運営者として、全部内容を把握する。
何かあった時にはちゃんと責任をとる。

 

この姿勢はカルチャースクール時代から変わっていないんだな
と思いました。

 

もちろん、プロデューサーとして、
やらなければいけないことがたくさんたくさんあるということも
分かった上でのこの姿勢。

 

本当に頭が下がる思いです。

 

この姿勢があってこそ、
新しく入ったコンシェルジュさんも安心して出演できているようです。

 

「初めてラジオに出るのに、こんなにリラックスしていいのですか?
何かあっても大女将や副女将がいると思うと安心お話できます。」
なんて声も聞こえてきましたよ。

 

女将たちの大きな覚悟が皆様に伝わっていたならば、
Crystalとしても嬉しいです。

ぜひこんなことも知って頂いて、
ラジオも聞いて頂けましたら幸いです。

 

もちろん、ラジオ出演者としての参加も大歓迎です!
オーディションも随時開催していますので、
ピン!と来た方はこちらからご連絡下さいませ♪

 

これからも応援よろしくお願い致します!

 

Crystalおうちアシスタントあやーこ