お知らせ

きらりん目線のデザイナーチェック*5

2019.05.16

Category:ブログ

金曜日クリスタルイズム コンシェルジュのイシカワジュンコです。
スタジオでいろんな方のおしゃれを拝見し、
すてきだなと思ったことを書いていこうと思います。
ツキイチ15日*お楽しみに!

「スカーフ」
スカーフのおしゃれを楽しんでいますか?

いつものスタイルに個性をひと味加えるのに役立つのがスカーフです。
強めの差し色、着ている服の中の同系色、意外性を狙った柄など
スカーフをプラスすることで
その日のファッションに いつもと違った表情を出すことができますね。

このスカーフ、ヨーロッパの寒い地方で
防寒のために使われ出したのが始まりと言われています。
実用重視なので 見た目よりも丈夫さ
保温性を重視した生地で作られていたようです。
今ではマフラーに分かれていった特性のようです。
そして 時間を経て季節によって防寒から日よけ
そしておしゃれへと用途に変化が見えてきました。

新幹線や飛行機、映画館など
簡単に外に出て温度調節ができない状態の時に
効き過ぎたエアコンから身を守るのに重宝した覚えもあります。

首にふんわりと巻く、肩まで大きく覆うようにかける、
首から垂らす、お花のようにまとめる、
リボンを結ぶ…沢山のアレンジが生まれました。

先日のスタジオにも 気になったスカーフの使い方を見つけました。

アーストーンのピンク系玉虫色のコートから覗く首元には
強すぎず暗くなく可愛らしい赤系の色のスカーフ、
そして その中にはフューシャピンクの大判のスカーフを
カーディガンのように合わせていました。
同系色でも かわいい赤と強いピンク
ぶつかり合いそうな色を
アース系に輝くピンク玉虫色のコートが優しくまとめていました。
いいかんじ〜

そしてスカーフのもう一つの使い道は 救急時の対応です。
CAさんが首に巻くスカーフは顔まわりを華やかにする役目を兼ねながら
怪我をされた方の止血のための包帯、
緊急時には足をかけるハシゴの一段としても使うことが前提になっているそうです!
美しさと強さを兼ね備えた 素晴らしい工夫です!

これからの季節は、日よけに、冷房よけに
みなさんもぜひ 首元に一枚 肩からもサラッと
バッグにひとつ スカーフを携帯してみてください。